MTJ-MPR Monitoring Program

受信状況をパソコンで確認ができるモニタリング機器。

パソコンへインストールするインストール最新版をダウンロードできます。

用途に合わせてお選びください。

スタックタイプはインストール後の設定も簡単にできます。

マップタイプはオリジナル画像(PNG・JPG・BMP)などを作成して表示させることが可能です。

※データー集計などは同じです。

※1台のモニタリング機器に登録できる送信機の台数は820台です(2016年9月現在)

Download(11.9 MB):Solt Monitoring Install Program Rev1.6 (Map-cancel_S2_JPN).zip

2種類のタイプ

インストール画面はOSバージンにより異なる場合もございます。

インストール後の重要な作業

MPRモニタリング機器に送信機を登録する必要があります。

送信機を登録することでパソコンに送信機番号が表示しデーターとして記録できます。

送信機登録

MPRモニタリング機器に送信機を登録する必要があります。

送信機を登録することでパソコンに送信機番号が表示しデーターとして記録できます。

電源を入れてMENU ボタンを押し設定モードに入ります。

画面に[E1 FrEq]が表示されます。

次に上下 (▲)ボタンを使い画面に[E2 rEgT] を表示させます。次にSET ボタンを押せば “1”が点滅ます。

点滅を確認しましたら送信機(丸型送信機・消去機・角型送信機※CANCELボタン)を押して登録します。

必ずモニタリング機器に送信機(2ボタンのCANCELを含む)、消去機を登録してください。

送信機を押す度に番号が順にかわります。表示番号と送信機番号は異なります。

送信機の登録がすべて終わりましたらSETボタンを押しMENUボタンを押し待機状態になります。


※バージョンアップする場合には不具合防止のためFirebirdプログラム、Soltプログラムをアンインストールして再度インストールしてください。


インストール
インストール

SOLTオリジナルソースコードを改変したプログラムを利用するためFirebird(ファイアバード)の、InterBaseから派生したオープンソースの関係データベース管理システム使用。これを使い正常にインストールします。


インストール
インストール
インストール
インストール
インストール
インストール
送信機登録

Solt Monitoring Programをパソコンで使用するための初期設定を行います。

マップタイプ設定※スタックタイプとは一部異なります。

設定(呼び出しベル・マップ登録)

プログラムが起動したら、【監視ビュー画面】のみを終了して下さい。

【ファイル】→【呼出ベルセット】をクリックして呼び出しベルセット画面を表示して下さい。

MTJ-MPR に登録された登録情報をパソコンに読み込むための設定します。

【呼出ベルセット】を押した後、【リード】メニューボタンがあるのでクリックすると先ほど登録した送信機がリードされ情報を読み込みます。

削除する場合はパスワードを入力する必要があります。PASS「1」※変更不可

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

MAP登録方法

送信機のエクスポート・インポート

任意で登録頂いた呼び出しベルの登録内容をエクセル形式でエクスポート・インポートが一括編集が可能です。

※この機能を使用する場合はMicrosoft Excelがインストールされている必要があります。

【呼出ベルエクスポート】:エクセルフィルに変換保存。

【呼出ベルインポート】:エクスポートして変換された登録内容をエクセルファイルにて一括インポートする。

MAP登録方法

2番目「Monitoring」シート内容をインポートする(シート名変更しないでください)


設定(優先)

MAP登録方法

時間帯別設定

@ 時間帯別設定:時間別に時間帯を分けて運営可能。(交代勤務環境で時間帯別を比較して時間帯実績を表示することができますPART1~PART3まで使用)

A 受信時間: 呼び出し受信後に設定された時間が経過すると、PC スピカーを通じてサイレン音が鳴り続けます。(呼び出し確認時、サイレン停止)

B 点滅速度: 呼び出しやキャンセル受信後、パネルが点滅する速度を変更できます。

C キャンセル時間: キャンセル受信後、削除されるまでの時間。


マップ作成・保存

マップイメージ画像を作成してください。形式はJPG・PNG・BMPにて作成。解像度制限はありません。

マップ作製方法:Adobe環境がない方はWindows「アクセサリ」の「ペイント」で作成することも可能です。(スタート→すべてのプログラム→Windowsアクセサリ)

作成した画像はパソコンOS(C:)内にあるフォルダーに保存してください。パソコン環境で表示が異なる場合もございます。

【Solt】→【Solt PC Monitoring】→【Map-cancel_S2】→【image】→【map】

※保存先がわからない場合はデスクトップSoltアイコンを右クリックでプロパティを開き「リンク先(T)」を確認してください。

MAP登録方法

ログデーター・メモ欄

メモ欄に呼び出された状況など入力することで議題となることもあるので便利です。

MAP登録方法

集計(Map・Stack共通)

保存された情報を日付別、時間帯別、応対方法別、キーワード検索ができます。また、エクセルに変換して文書化することができます。

MAP登録方法

保存された情報を日付別、時間帯別、応対方法別、キーワード検索ができます。また、エクセルに変換して文書化することができます。

MAP登録方法